交換の注意点

ドアノブ交換時の注意点

ドアノブが壊れてしまった場合、室内であれば結構簡単にドアノブ交換することが可能です。その際注意しなければならないのは、できる限り同じ種類のドアノブを使用すること、ドアノブの表と裏の形です。 ドアノブは取り付けの際に、ドアをその形に削っていることがほとんどです。そのため、違うドアノブ交換を行うと削った部位が隠しきれないことがあります。同じ種類のドアノブを使うことでその問題は回避することができます。 また、ドアノブは表と裏で形が違う場合があります。ドアノブ本体とドアへの設置面、表と裏の構造など違いますので、ホームセンターで購入する場合は必ずセットになっているものを購入しましょう。よくわからない、不安だと言う人はドアノブをすべて外してしまってから写真を撮ってホームセンターにいきましょう。

何か変だなと思ったら

ドアノブ交換をする前に、事前にドアノブの異変を感じたときに処置をしておけば、ドアノブの寿命を延ばすことが可能です。ドア自体に問題が無いときは、一度自分でドアノブを外してみましょう。今はネット上にドアノブの外し方の手順が画像つきで紹介されています。それを手本に外してみてネジが緩んでいるだけや、錆びがついていた等の問題であれば自宅でメンテナンスもできます。 しかしドアの腐敗や蝶番の変形などが起こった場合はドアノブ交換専門の業者に依頼するほうがよいでしょう。というのもドア本体の問題であれば、ドアを削る作業から始めなければなりません。これを適当に行ってしまうと見栄えがとても悪くなります。また専門の道具も必要なため、各個人で購入した場合逆に割高になってしまうことがあります。